#浮気調査

これは使える!おすすめの浮気調査アプリ厳選7種

世の中には、浮気調査アプリと呼ばれるものが存在しています。

浮気調査アプリとは、スマートフォンにインストールすることで、中のデータを閲覧することや遠隔で操作することができるアプリケーションのことを言います。

しかし、ここで注意しておきたいことは、実際には「浮気調査アプリ」と名乗って配信されているものは存在しないということです。

これらの浮気調査アプリと呼ばれるものは、本来は浮気調査の用途を目的として開発されたものではなく、スマートフォンの紛失や子どもの監視、盗難対策など、防犯の用途を目的として開発されたものがほとんどです。

したがって、メーカー側が公にしている用途とは異なりますが、その性質上、浮気調査アプリとして活用されています。

この記事では、7種類の浮気調査アプリがそれぞれどのような機能や特徴を備えているのかを解説していきます。


AirDroid(エアードロイド)

AirDroidは、スマートフォンとパソコン間でファイルの送受信をしたり、パソコンから遠隔でスマートフォンを操作できたりするGPSアプリです。

AirDroidの機能一覧

  • 写真や動画、メール、SMSの送信
  • SMSのデスクトップ通知
  • スクリーンショットの撮影、保存
  • 位置情報の取得
  • 連絡先の編集
  • アプリのアンインストール
  • スマートフォンのバックアップ、同期

このアプリを浮気調査に利用すると、パートナーのスマートフォンから浮気相手とのやりとりを確認したり、パートナーに持たせることで常に位置情報を把握したりすることが可能です。


さらに有料会員であれば、リモートでカメラを操作し周囲の状況を撮影できます。
浮気現場の撮影ができる可能性もあるので、浮気調査としては非常に効果が期待できます。


AirDroidには、有料版と無料版があります。
具体的には、転送ができるファイルサイズの違いや、マルチデバイス数、リモートカメラ操作機能の有無などの違いがあります。


Prey Anti Theft(プレイ・アンチ・セフト)

Prey Anti Theftは、無料で利用ができるGPSアプリです。

iPhone(iOS)とAndroidでは、インストール時の名称が異なります。

  • iOS: Prey Find my Phone Tracker GPS
  • iAndoroid: Prey Anti Theft: Find My Phone & Mobile Security

Prey Anti Theftの機能一覧

  • スマートフォンに任意のメッセージを送信できる
  • 位置情報の取得、記録
  • 遠隔でスマートフォンにロックをかけることができる
  • 遠隔でスマートフォンのアラームを鳴らすことができる
  • アプリの偽装ができる

防犯アプリとしては十分な機能を備えていますが、他の浮気調査アプリと比較すると浮気調査としての性能が少ないように思えます。
ただし、Prey Anti Theftすべての機能を無料で扱えるということがメリットとして挙げられます。

また、アプリを偽装できるという点も優秀です。


この機能は、アプリの表示画面を、ゲーム画面のようにカムフラージュできるというものです。
この機能があれば、共有しているスマートフォンを渡しておいたとしても、複数のゲームに混ぜてインストールしておけば浮気調査アプリだとバレにくくなります。


iCloud(アイクラウド)

iCloudは、iPhoneやMacでおなじみのApple社が提供するクラウドサービスです。

iPhoneユーザーであれば誰でも利用することができるサービスで、アプリをインストールする必要もありません。

iCloudの機能一覧

  • データの保存、復元
  • 位置情報の取得
  • ファイルの共有
  • iPhoneの電話帳をパソコンで閲覧、編集ができる
  • Appleキャリアであれば写真や動画を自動で転送できる

iPhoneユーザーであれば浮気調査に有効な機能を備えていますが、iCloudのIDとパスワードを知っていることが条件となります。
あるいは、共有の設定時に対象者のiPhoneを操作できる状態でなければ、浮気調査として利用することができないため難度は高いでしょう。


Suica Reader

Suica Readerは、SuicaやICOCA、PASMOなどの交通系ICカードの乗車履歴を表示することができるアプリです。

パートナーがICカードを使って電車やバスなどの交通機関をよく利用するのであれば、過去の行先を細かく把握できることができます。

Suica Readerの機能一覧

  • 電車やバスを利用した日時がわかる
  • 乗車した駅がわかる
  • 降車した駅がわかる
  • カード内の残額がわかる

普段使うことのない駅を頻繁に利用している場合や、仕事に行くと言って出て行ったにも関わらず職場とは違う駅に降りている場合、浮気をしている可能性が高いでしょう。


ただし、26週以内の直近20件までしか履歴の確認ができないので注意しましょう。
また、警戒心の強い人であれば、証拠を残さないように切符を購入しているということも考えられます。


Zenly

Zenlyは、アプリをインストールした人同士で、位置情報を共有できるアプリです。

主に防犯のために子どもにZenlyをインストールしたスマートフォンを持たせることや、カップルの浮気防止や友達との待ち合わせ用などで利用されています。

Zenlyの機能一覧

  • 位置情報の取得
  • 対象者のバッテリー残量がわかる
  • ゴーストモードがある(位置情報を非表示にする機能)

GPS機能としては素晴らしいですが、お互いに登録して承認し合わないと利用できないため、浮気調査としては利用しにくいでしょう。

ただし、お互いに納得した上で利用しているにもかかわらず、デートスポットに立ち寄っていたりゴーストモードになっている時間があったりする場合は、浮気をしているという判断材料になります。


ココダヨ

ココダヨは、災害時に強いGPS機能を備えたチャットアプリです。

事前にグループになっておくことで、有事の際にも恋人や家族にワンタップで現在位置を送ることができます。


ココダヨの機能一覧

  • グループでのチャット機能
  • 位置情報の共有
  • 地震速報の通知が来る
  • 災害時の安否共有
  • 近隣の避難場所がわかる
  • 毎月1日にアプリを利用した全体訓練ができる
  • 現在地の表示方法を非公開にすることや、県や市町村、番地までなど範囲を決められる

地震などの有事の際、インターネットがなかなか繋がらないこともありますが、ココダヨであれば災害の直前の位置情報を知らせてくれる機能が備わっています。

浮気調査に利用する場合は、浮気疑惑があるパートナーに現在位置を送ってもらうことくらいでしょうか。

ただし、災害時に不安だからという理由でインストールしてもらえやすいという利点もあります。
インストール後は、災害がなくても帰りが遅いときに心配だからココダヨに現在位置を送ってと言うこともできます。

ココダヨは、月額登録で利用することができます。
グループの人数に応じて料金が変わりますが、1グループにつき代表者1人の支払いでグループ全員が利用できます。

4人プランで月額360円、5人プランで月額500円、8人プランでは月額580円となっています。


友達を探す

友達を探すは、iPhoneユーザー同士であれば利用することができるiPhoneに無料で備わっている純正のGPSアプリです。

友達を探す機能一覧

  • 承認した相手の位置情報を取得できる
  • 位置情報を共有する時間を選べる

このアプリの友達承認をして、承認期限を無期限に設定しておけば、相手の居場所を確認し続けることができます。

位置情報しかわかりませんが、初期設定でインストールされているアプリのため、あやしまれる可能性が他のアプリに比べて低いことがメリットです。

ただし、他のアプリのGPSもそうですが、電源を切っている間は位置情報が分かりません。

また、この「友達を探す」アプリは、iOS13から「探す」アプリとして、「iPhoneを探す」アプリと統合されました。


浮気調査アプリを利用するリスク

浮気調査アプリは大変便利な機能を備えているため、浮気調査にも大いに役立つものですが、常にリスクと隣り合わせだということを知っておきましょう。

たとえば、浮気調査アプリとしても広く知られている「Androidアナライザー」というアプリを不正に利用したことで、実際に逮捕者が出ています。

Androidアナライザーは、スマートフォンに入っている個人情報やGPS情報などをパソコンから収集できる遠隔操作ソフトです。

これを利用することで、パートナーの居場所、メッセージのやり取りや通話内容などが把握することができます。

しかし、このアプリを本人の承認を得ずに勝手にインストールして利用した人が、不正指令電磁的記録取得容疑で逮捕されました。

このように、本人の意思に反して無断で個人情報を取得することは、大変リスクがあることなのです。

あなたがもし、どうしてもパートナーの浮気に関する証拠や情報が欲しいのであれば、浮気調査アプリを利用するよりも、法的に問題にならない方法で浮気調査をしてくれる探偵などに依頼をすることをおすすめします。

ページ上部へ戻る