#浮気調査

浮気調査で利用できるボイスレコーダーの選び方と適切な設置場所

ボイスレコーダーを利用した浮気調査の方法を解説

パートナーが浮気をしているかもしれないとき、本当に浮気をしているのか確かめ、浮気の証拠をつかみたいと考える方は多いでしょう。
メールやLINEのやりとりや、カメラで撮影した映像など、浮気の証拠を押さえる方法は様々です。


その中でも、今回は音声を証拠として残せるボイスレコーダーを使った浮気調査の方法やその注意点、及びボイスレコーダーの選び方などを解説していきます。


ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法

浮気調査において、ボイスレコーダーは、仕掛ける場所が非常に重要です。
ボイスレコーダー本体がパートナーに見つかってしまっては状況が悪化してしまうため、設置する場所は慎重に選びましょう。

この項目では、ボイスレコーダーを使って浮気調査をするときの代表的な設置場所を紹介します。場所や環境によって相応しいボイスレコーダーを選ぶとよいでしょう。


自家用車に仕掛ける


自家用車は、浮気の証拠が得られやすい場所です。
普段から車移動が多い人は、浮気の際にも車を利用することが多いので、座席シートの下など目につかない場所に設置すると良いでしょう。


助手席側の収納ボックスであっても開ける可能性がある場所は、バレてしまうことがあるので避けましょう。


パートナーの私室に仕掛ける


私室でパートナーが一人で過ごす時間が多い場合は、こちらも浮気調査をした方が良いポイントです。
通話などの話し声によって、浮気の約束日時がわかることもあります。


さらに寝室であれば、浮気相手を呼び寄せ浮気行為をおこなう可能性が高い場所なので、ベッドの下などに設置すると証拠を得ることができるかもしれません。


リビング


リビングも浮気調査でボイスレコーダーが仕掛けやすいポイントです。


ただし、音がしっかりと拾えて隠せそうな場所がない場合は、ペン型や置時計型など、パッと見ではボイスレコーダーと分からないものを設置するようにしましょう。
堂々とおいても違和感がないものがオススメです。


ボイスレコーダーの選び方


ボイスレコーダーには、様々な種類があります。
先の項目では、場所や環境によって相応しいボイスレコーダーを選ぶとよいと述べましたが、具体的にどのようなものを選べばよいのかを解説していきます。


1回の録音で長時間録音が可能である


録音可能な時間が短いと、頻繁に設置と回収を繰り返すこととなり、手間が増えてしまう上に肝心なところで録音ができていなかったということになりかねません。
1回の録音は〇分まで、と決められている機種が多いので、できるだけ1回の録音時間が長いものか、制限がないボイスレコーダーを選びましょう。


データを保存できる容量が大きい、SDカードなどで容量を増やせる


こちらも、肝心なときに容量がいっぱいで保存することができなかったとならないように、できるだけデータをたくさん保存できるボイスレコーダーを選ぶとよいでしょう。
SDカードなどで容量を増やせるものだと、自分の希望に合うようにカスタマイズできるのでおすすめです。


電池が長時間保つ


いくら長時間保存できる容量があっても、電池がすぐに切れてしまうようでは意味がありません。
そのため、電池が長時間保つものを選びましょう。


大きさや偽造性


パートナーや浮気相手にバレないようにボイスレコーダーを設置するなら、大きさは小さいほどよく、より見つかりにくい造形をしているものを選びたいです。

明らかにその環境に合っていないものは浮気調査には向いていないので、あくまでも自然に見える造形のボイスレコーダーか、そもそも見つけることが難しいサイズ、場所に設置するようにしましょう。


ボイスレコーダーを使った浮気調査の注意点

このように浮気調査にボイスレコーダーを使うことは、誰でも容易に想像してしまいがちな手段ですが、実は注意点がいくつかあり、案外証拠の取得が難しい方法です。


ボイスレコーダーを使った浮気調査の注意点

  • ボイスレコーダーの音声単独では、裁判で使える決定的な証拠にはなりにくい
  • 音声を裁判の証拠として提出しようとする場合、基本的には書き起こしが必要
  • 他人(パートナーの浮気相手など)の自宅などに仕掛けると、住居侵入罪などに問われる

など。

これらは仕掛ける前に、一度確認しておきましょう。
まず、ボイスレコーダーの音声のみでは、浮気の証拠とまでは断定できないことが挙げられます。


もちろん、ただ浮気を問い詰めたりこれをもとに自白させたりする目的なら有効な証拠にもなり得ます。
ただし、裁判など法的に争う場合は、たとえ性行為中の音声を録音することができても浮気の証拠にはなりません。


そのため、他の証拠と合わせて浮気の根拠を増やす目的や、そもそも浮気をしているかどうかを確認するため、あるいは浮気相手の情報や関係性を得るために活用するのがよいでしょう。
また、浮気の証拠の一つとして裁判所に提出したい場合は、基本的には書き起こしが必要なので、そういった労力も覚悟しておかなければなりません。


ボイスレコーダーを使った浮気調査で特に気を付けたいのが、行き過ぎた調査でこちらが悪者になってしまう可能性があるということです。
ボイスレコーダーを仕掛けるために不法侵入をしてしまうことや、仕掛ける際に物を壊してしまい、器物破損の罪に問われてしまうこともあるので注意しましょう。


よく考えてからボイスレコーダーを仕掛けよう

浮気されてしまったことで冷静さを欠き、違法行為を働いてしまってはよくありません。
またボイスレコーダーが仕掛けてある、ということがばれた段階で、パートナーとの仲が修復不可能になってしまうこともあります。


もし、浮気後も付き合っていきたいと考えるのなら上記の項目の注意点は繰り返し確認し、調査を行いましょう。
浮気の証拠として、ボイスレコーダーのデータをもし法廷などに持っていくのであれば、有効な証拠にできるのか、調査の仕方も違法にならないかを注意して活用しましょう。


ページ上部へ戻る