#浮気

旦那や彼氏の浮気チェックリスト。男性の浮気をチェックする方法

パートナーが浮気をしているとしたら、日常の様々なシーンで必ずと言っていいほど浮気をする男性に共通するサインが出ています。

最近パートナーの様子が不自然だなと感じていたり、浮気をしているのではないかと不安を抱えてモヤモヤしたりしているのなら、一度浮気の診断をしてみるとよいかもしれません。
パートナーを信じたいという気持ちはわかりますが、男性の浮気を診断するチェック項目が多く当てはまる場合は、いよいよ本格的に浮気を覚悟した方がよいでしょう。

そこで今回は、浮気を見抜くための方法を紹介しますので、もしあなたがパートナーの浮気を疑っているのであれば、下記にまとめた「男性の浮気を診断するためにチェックするべき項目」 を確認してみましょう。


スマホからチェックする

  • ロックをかけていて、中身を見せてくれない
  • ちょっとした移動にもスマホを持ち歩く
  • LINEや通話履歴などを消している
  • 夕方以降の留守電が多い
  • 一緒にいるときに着信やメールがきても確認しない
  • スマホを2台以上持っている
  • 電話で外に出るようになった
  • SNSをよく利用している
  • 電話をしても、通話中やマナーモードで気づかないということがよくある

現代では、浮気をするのにスマホはほぼ必須となっていますので、スマホを扱う状況からも十分な浮気診断ができます。
スマホを見られる=浮気がバレると考えるため、常に目が届くところにおいておきたくなるのが浮気をしている男性の心理です。


電話やLINEなど、頻繁に連絡が来る人がいたら、登録の名前を男性のものに変更している可能性もあるので注意しましょう。

パソコンからチェックする

  • 男性専用のパソコンを持っている
  • パスワードを教えてくれない
  • パソコンを触らせてくれない
  • 閲覧履歴が消えている
  • 自分と行ったことのないデートスポットなどの検索履歴がある

スマホと違って、仕事用にしているパソコンならそう怪しまれることもないだろうと考え、浮気の痕跡を残す人も少なくありません。
大事な資料があるなどと言い、絶対にパソコンを触らせてくれない場合は、浮気をしている可能性も考慮に入れましょう


不審な閲覧履歴がない場合でも、不自然にパソコンを触っていた日の履歴がすべて消えているときなどは、何かを隠している可能性が高いです。
ただし、サプライズで何かプレゼントなどを探してくれていることも考えられますので、これだけで浮気と決めつけてしまわないように、あくまでも可能性として考えておきましょう。

仕事関連からチェックする

  • 帰宅が遅くなったり、残業が増えたりした
  • 出張や泊りの仕事や、そのときの荷物が増えた
  • 同僚や先輩との付き合いの飲み会が多くなった
  • 突然仕事が入ったり、飲み会が入ったりすることがある
  • 給与明細の就業時間が合っていない

仕事を理由に浮気をごまかすことは、男性がよく使う方法です。
なぜなら、出張や残業、仕事の呼び出しであれば、男性も苦労しているので口出しや詮索がしづらいためです。


もともとそんなに多くなかった飲み会や残業、出張などが突然増えたときは浮気を隠している可能性が高くなります。
時間などに余裕があるのであれば、お店まで迎えにいくねと伝えてみて反応をチェックすることや、場所をあらかじめ聞いておいて自分や知人に確認してもらうということもできます。

日常生活からチェックする

  • スキンシップが減った
  • 連絡が遅いことが増えて、回数が減った
  • 一人の時間を欲しがるようになった
  • 電話に出ないなど、連絡が取れない時間がある
  • 急にファッションが変わった
  • 匂いが変わった
  • お金を節約し始めた
  • 帰宅後、すぐにお風呂に入るようになった
  • 自宅で食事をすることが減った
  • 一緒に行っていないお店や映画などの情報に詳しい
  • いつの間にか借金やクレジットカードをつくっている
  • クレジットカードの明細や請求書に不自然な用途の決済がある
  • 会話が減り、不自然に口数が多い日がある
  • 趣味趣向が増えた
  • すぐにイライラしたり、別居や離婚を匂わせる発言をしたりするようになった
  • 違和感について聞いたときに怒ったり、意味不明なこと言ったりする
  • 体形や料理などについての小言を言うようになった
  • 予定を聞いてくることが増えた

日常生活では、一緒に過ごす時間が長い分、特に多くの浮気のサインが出てくるでしょう。
自分に対する態度が冷たくなったり、ファッションや食べ物、下着、会話など男性の趣向が変わったりしたときは浮気の可能性が高いので要注意です。


また一緒に過ごす時間や連絡が極端に減ったり、疲れたといってセックスを拒むことや手をつなぐのを嫌がるなど、触れ合うことが減ってきたりしたときも浮気の兆候です。


ただし、気分が落ち込んでいたり女性に対して何かに怒っていたりすることや、気分転換に趣向を変えてみたということもありますので、早い段階から浮気と決めつけないようにしましょう。

交友関係からチェックする

  • 友達付き合いがよく、異性の友人が多い
  • 友人や同僚を紹介したがらない
  • パートナーと仲のいい友人から聞いてみる


交友関係が普通よりも豊かな人の場合は、それだけ浮気をするきっかけが多いことになります。
同僚を紹介したがらない場合は、浮気をしている可能性も考えざるをえないでしょう。


明らかに男性よりも女性の友人と関わる機会が多い場合は、注意が必要です。
可能であれば、共通の知人に普段パートナーがどんな風に振舞っているかを確認してみましょう。
言いにくいことでも、不安に思っていることを伝えたら浮気について知っていることなど、本当のことを話してくれるかもしれません。


ただし、怪しまれていると本人に伝えられる可能性もありますので、相談する相手は吟味した方がよいでしょう。


車をチェックする

  • 助手席のシートの角度が変わっている
  • 灰皿に口紅が付いた吸殻がある、知らない銘柄の吸殻がある
  • 消臭や芳香剤を置くようになったり、掃除をしたりすることが増えた
  • ウェットティッシュなどの小物が増えている
  • 他人のものが落ちている

車は、浮気の証拠が残りやすいポイントです。

ウェットティッシュなどを置くようになった場合は、車で性行為をしている可能性があります。
また、髪の毛やアクセサリーなど他人の物が落ちていたら浮気相手が意図的に置いているということも考えられます。

パートナーの男性が浮気をしていそうだと思ったら、一度シートやダッシュボード、灰皿、匂いなどを確認してみましょう。


浮気をしやすい男性の傾向をチェックする

  • 寂しがりや
  • 友人が多い
  • 承認欲求が高い
  • 謝らない
  • 嘘が多い
  • 交際をする前と後で態度が変わった
  • 誰にでも優しい
  • 自慢話が多い
  • 性欲が強い
  • 出会いの場が多い
  • 周りに流されやすい
  • 他人と比べてくる
  • プライドが高い
  • 新しい物好きで、飽き性

これらの傾向が複数認められた場合は、浮気をしやすい男性であることが多いです。

浮気を疑っているときは、ついどれも当てはまってしまうように感じますが、あくまでも客観的に考えるようにしましょう。


まとめ

上記のチェック項目から浮気の診断をしてみて、多くの項目が当てはまるときは浮気をしていることを覚悟した方がよいかもしれません。
診断によって浮気の疑いが確信に変わったときは、問い詰めたい気持ちも分かりますが、その場で証拠隠滅されないように一度こらえて、じっくりと証拠を集めましょう。
証拠を集めることで、言い逃れができなくなって反省してくれたり、離婚などの裁判になった際も有利になったりします。
証拠を集めるのが困難な場合は、探偵などにチェックした浮気診断の結果を伝えて、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。
ただし、浮気診断のチェック項目がいくつか当てはまったからといって、必ず浮気をしているということではありませんので注意してください。


例えば、本当に疲れていて一時的にスキンシップが減っていたり淡白になってしまっていたりするだけの可能性もありますし、女性側に問題があって一時的に気分が落ちてしまうことや、浮気はしていなくても一人になりたいときもあります。
また、上にも記載した通り、サプライズのプレゼントなどのため女性に相談している場合や不自然な行動となってしまうことなども考えられますので、誤って関係性を壊さないように焦って浮気だと決めつけないようにしましょう。

ページ上部へ戻る