#探偵

探偵への依頼の見積りをとるとき、押さえておきたいチェックリスト

探偵事務所に浮気調査を依頼するとき、絶対に複数社から見積もりをとるようにしましょう。
なぜなら、探偵事務所は無数にあり、料金の算定方法は探偵事務所によってまちまちだからです。

探偵に個人の事情を説明して回るのは恥ずかしいし億劫かもしれませんが、探偵事務所によって数十万円の差が出てくるケースもありますから、見積もりは複数社からとり、比較検討して納得がいく形で契約できるようにした方がよいでしょう。


今回は、探偵事務所に見積もりを出してもらったとき、チェックし、比較するポイントについて簡単に解説していきます。

探偵事務所に浮気調査の依頼をするのが初めてだという方や、見積もりを出してもらったけれど、どこをポイントに見ていけばいいかわからないという方は、本記事を探偵事務所選びの参考に役立てていただければと思います。


浮気調査の見積りでチェックしておきたいポイントとは?


今回は、浮気調査の見積りでチェックしておきたい主なポイントを6つご紹介していきます。


1. 調査プランと費用算定方法

まずは、調査プランと費用算定方法をチェックしましょう。探偵事務所によって調査プランはことなります。
調査プランには、時間制プラン、成功報酬プラン、完全報酬プラン、パックプランなど様々なプランがあります。


時間制プランとは、かかった時間で費用が算出されるというプランです。


たとえば、一時間あたり1万円の調査員が2名で、5日間、5時間ずつ調査をしたとします。そうすると1万円×2名×5日間×5時間=50万円プラス交通費などの諸経費が費用となります。

成功報酬プランの場合、手付金として数万円~数十万円支払い、調査が成功したら追加で数十万円支払うというものです。
成功しなければ手付金のみの支払いになります。


完全成功報酬プランを利用する場合は、手付金がなく、調査が失敗すれば費用はまったくかからない、ということになります。
パックプランは、数時間分の調査料金がパックになっていて、時間制プランよりも一時間の料金が安くなるようなプランのものです。


どのプランも一長一短ですから、自分の調べて欲しい調査内容がどのようなものかによってどのプランがあっているかは変わってきます。


たとえば、浮気相手も、浮気する日時もすべてわかっているという場合であるならば、1日だけの浮気調査をピンポイントで指定して結果が出る場合もあります。
そういった短期に終わる状況であれば時間制プランにしておいてもよいでしょう。


ここではいくつかのプランをご紹介しましたが、探偵事務所によっては、初回だけ試し料金として格安にしてあり、その後料金が変わってくるというものもあります。


事務所によって料金形態はバラバラなので、プランの詳細については細かくチェックしておく必要があると言えるでしょう。


2. 調査員の人数および、一人あたりにかかる費用

調査員の人数は何人で調査にあたるのか、ということは大変重要です。
なぜなら先ほど一時間1万円の調査員が2名で…と例を挙げましたが、この調査員が3名に増えると、1万円×3名×5日間×5時間=75万円プラス交通費と、大幅に料金が変わってくるからです。


ですから、調査員の人数が多めに設定されている場合は、なぜ人数が多くなっているのか、などその必要性を確認しておいた方がいいでしょう。


ただし、人数が少なければいい、というわけでもありません。
たとえばホテルなどで張り込みをして写真を撮る、という場合、出入り口が二つある場合は、最低ふたりは調査員が必要となってきます。


そこをケチってひとりだけの調査員で調査したことによって、証拠をとるのに時間がかかってしまう、というケースもあるので、探偵事務所と相談しながら適切な人数を設定しましょう。


3. 調査費用以外にかかる費用

調査費用以外にも、交通費や雑費などがかかりますので、その点についても確認しておきましょう。
かかった実費を契約者がすべて負担するような料金プランの場合は、きっちり領収書を提出するようにお願いをしましょう。


4. キャンセル料

キャンセル料はいつから発生するのか、いくらなのか、も必ず契約前に確認しておきましょう。
契約書に記載してあるはずです。しっかり読み込みましょう。


5. 追加料金が必要になるのはどんなときか

予期せぬことが調査中にあった場合に、確認もなく追加料金が発生し、上乗せされていたら困ることになるでしょう。
追加料金が必要になるケースについて、事前に確認しておくと後々のトラブルを予防することができます。


6. 見積りを依頼したときの相談員の対応

さいごに、見積もりを依頼したり、相談したりしたときの相談員の対応を必ずチェックしておきましょう。
一度依頼したら、その相談員または探偵とは頻繁にやりとりすることになります。相性が合う探偵を選ぶことも、ストレスなく浮気調査を進めるためには大切なことです。


まとめ

以上、探偵に浮気調査を依頼する際にチェックしておきたいポイント6点でした。


気をつけていただきたいことは、探偵社の見積書を浮気調査をするターゲットの目に入る場所に置いたりしないことです。

実は初歩的なミスとして、意外にもやってしまう方が居ます。見積もり書類の管理には注意しましょう。


ターゲットに警戒されていては、チェックポイントを押さえ、どんなにいい探偵会社を見つけても、浮気の証拠を得るのには苦労します。


ページ上部へ戻る